子供脱毛症の治療には局所免疫療法

###Site Name###

円形脱毛症の患者の約4分の1は、15歳以下の子どもだと言われています。


子供脱毛症の多くは円形脱毛症で、単発型といわれるものは一年以内の治癒率は約80%です。

しかし、多発型、蛇行型、全頭型、汎発型などの重い症状の場合は、現状維持か悪化しているケースが約6割にもなります。

場合によっては治癒に10年以上もかかるケースもあります。子供脱毛症の原因は主にストレスと言われています。



治療だけでなくストレスの原因を取り除く必要もあります。

また髪の毛が抜けるということで、精神的なショックが大きく、また家族や学校などの理解が必要になります。



また長期化する場合には精神的な負担を軽減するために子供用のカツラを着用するケースもあります。



子供脱毛症の治療には、局所免疫療法が行われます。

局所免疫療法は、スクアレン酸ジブチルエステルかジフェニルシクロプロペノンを使って、人工的にかぶれを起こさせ、発毛を促す療法です。




最初は高濃度なもので患部を感作させて、2週間後に低濃度なものを塗ります。

その後徐々に濃度を上げて適した濃度まで上げて治療します。

局所免疫療法は、広範囲に脱毛している患者に対しても行われ、約9割の人に効果があると言われています。
しかし、かぶれや蕁麻疹、リンパ節腫脹などの副作用があり、またアトピー性皮膚炎などがある人は一時的に症状が悪化することがあるので注意が必要になります。
治療期間は半年から1年ほどで、長期間のになるのでじっくり取り組む必要があります。




有効とされている治療法ですが、日本では保険適応の認可がされていないため、自費診療になります。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1474.htm
http://www.dambo-33.com/kouza/
http://matome.naver.jp/odai/2139091663889435301