新しいiPhoneの世界

###Site Name###

近年のめまぐるしいIT産業の発展に伴い、法人向け商品システムや個人向け商品システムなど、様々な製品が次から次へと発売されています。

そうした中で、今一番市場競争が激化しているのは、タブレットやスマートフォンなどのタッチパネル式の携帯電話などが新しい可能性を秘めているがの如く、注目されています。


もちろん今までのガラケーと呼ばれる従来の携帯電話も製品化されていますが、今やその市場は縮小傾向にあり、スマートフォンの保有率は55.2%を占めており、数年でガラケー市場を抜き去りました。

そんな中、スマートフォンと取りまとめて言っていますが、その中にも種類があり、Android系の端末とiPhone系の端末が存在しています。
iPhoneは、アップル製品のスマートフォンで2007年に初期モデルを発売し、現在はiPhone5sと5cという最新タイプが2013年に発売され、そして、まさに今、iPhone6の発売が始まろうというところで、大変話題を呼んでいます。

その端末は、日本では3社のキャリアが扱い、またアップルストアでもSIMフリーモデルの販売を行う予定です。

特徴としては、画面が従来モデルに比べると大きく、広視野角でコントラストが高く、より正確な色彩を表示できるような画面を採用しています。


基本スペックも従来品よりパフォーマンスを向上させるシステムを搭載しています。

通信はもちろんLTEに対応しており、通信速度も速くなっています。



また、ワイハイを介して電話をかけることもできるようになりました。



その他カメラやビデオ機能の向上など、様々な機能が進化版となっています。



このように、iPhone6の登場により、その他付随機能などの新技術、新機能が期待され、そうした事が更にIT産業の技術発展にも影響を及ぼしていくことでしょう。